ユーグレナの基礎知識

ユーグレナっていったい何なの?ミドリムシだから虫なの?
どんなところがすごいの?最近話題だけど、一体ユーグレナが
どんなものか、まだまだあまり知らない方も多いはず。
でもユーグレナって知れば知るほどすごいんです!

ユーグレナの正体は「藻」!

最近話題の「ユーグレナ」。テレビや雑誌でも多く取り上げられていて、「ミドリムシ」という名前でもお馴染みですが、詳しく知らない方も多いはず。
「ユーグレナ」とはラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味。
5億年以上前に原始の地球で誕生した生き物で、体長わずか約0.05mmという小さな微生物です。
髪の毛の太さが約0.07mmなので、それよりも小さく肉眼ではほとんど形が分かりません。
動物と植物の両方の特徴を持ったミドリムシは、淡水で育ちます。
実は、「ムシ」ではなくワカメやコンブと同じ「藻」の一種なのです。
緑色の体で植物のように光合成を行って栄養分を体内に蓄えるだけでなく、動物のように細胞を変形させて移動することもできます。
このように生物学上で植物と動物、両方の性質を備えている生物は大変珍しい存在です。

59種類もの豊富な栄養素を含んでいる!

動物と植物の両方の性質を備えているユーグレナは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、実に59種類もの栄養素を備えています。
人間が生きていくために必要な栄養素の大半を含んでいます。このように高い栄養価を誇るミドリムシは、日々の食生活で足りない栄養を補う栄養補助食品として頼りになる存在です。
そしてもうひとつ、ユーグレナは石油などの化石燃料にとって代わるバイオ燃料としても注目されています。
中でもジェット燃料に適していることが分かっており、近い将来ミドリムシで飛ぶ飛行機に乗る日が来るかも知れません。

粉末1グラムで、1日分の栄養素!

粉末1グラム(ミドリムシ約10億匹分)で、人間が必要とする1日分の栄養素をまかなえるとのデータもあります。
たとえば、ほうれん草50グラム分の鉄分、豚レバ150グラム分のビタミンB1、さんま50グラム分の葉酸などが含まれているのだとか。
そして、摂取すれば消化率93%と、その栄養素のほとんどを消化吸収できるので、人間にとって最も効率のよい食品と言えます。

日本で普及しているワケ

これまでユーグレナは、あまりにも豊富に栄養素を持つため、培養が非常に難しく実現不可能と、多くの研究者の間で考えられていました。
しかし東京大学の研究者が、「栄養価が豊富なユーグレナなら、食糧難で苦しむ発展途上国の子供たちを救うことができる」と研究に乗り出し、なんと世界で初めて、沖縄の石垣島で株式会社ユーグレナがミドリムシの食品としての屋外大量培養に成功。
これを機に日本ではユーグレナの食品やサプリメントが多く広まることになり、世界からも注目されています。

ユーグレナについて

ユーグレナはこんな方にお勧め

ユーグレナサプリの選び方

59種類の栄養素って?

ランキング1位「ハイユーグレナ」

楽天ランキングはこちら!