ユーグレナの59種類の栄養素
青魚に含まれる不飽和脂肪酸が11種類も!

サプリメントはある特定の栄養素を、集中的に補うという目的で利用するのが一般的。
しかしユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントは、59種類もの栄養素が
バランス良く自然な形で、しかも吸収効率が良い状態で含まれています。
これは、他のサプリメントには期待できないことで、とてもすごいことなのです!

青魚に含まれる不飽和脂肪酸が11種類

●DHA(ドコサヘキサエン酸)
DHAは青魚に多く含まれている多価不飽和脂肪酸で、脳や神経組織の機能を高める働きがあります。
脳は脳内に入れる成分と入れない成分を選別しますが、DHAは脳内に入ることができ、神経細胞を活性化させ記憶力や学習能力を向上させます。
●EPA(エイコサペンタエン酸)
EPAは青魚に豊富に含まれる必須脂肪酸で、体内で合成することができない成分です。
医薬品としても利用されており、血栓をつくらせない成分が多く含まれているのが特徴です。
DHAとともに血液をサラサラにしてくれる働きがあり、DHAとの相乗効果で脳内の血管を健康に保つ効果があります。
●パルミトレイン酸
皮膚の老化を防ぐ効果があるため、不足すると老化肌になりやすくなります。
他にも、悪玉コレステロールを減少し、動脈硬化や高血圧を予防します。
●オレイン酸
オレイン酸は、一価不飽和脂肪酸に分類される油。悪玉コレステロールを抑制し、動脈硬化や心疾患を予防する効果の他に、便秘を解消する効果もあります。
●リノール酸
体内で合成することができない必須脂肪酸。コレステロールや血圧を低下させる作用があります。
私たちのからだの組織が正常に機能する上で欠かせず、不足すると成長に障害がでることもあります。
●エイコサジエン酸
体内で合成することができない必須脂肪酸。不足すると皮膚炎などの原因にもなります。
●アラキドン酸
γ-リノレン酸とともに、ビタミンFと呼ばれる必須脂肪酸の一種。
乳児の脳や体の発達には必要不可欠な成分で、免疫機能を調整する効果や、学習力や記憶力を向上する効果があります。
●ドコサテトラエン酸・・・
ドコサペンタエン酸と同じ不飽和脂肪酸の中の、n−6脂肪酸。血液をサラサラにする効果があるのではないかと言われています。
●DPA(ドコサペンタエン酸)
主な効果効能としてはEPAと同じですが、DPAの血液をサラサラにする効果はEPAの10倍とも!
アルギニン(アミノ酸)と一緒に摂取するといっそう効果的であることがわかっています。
●ジホモγ-リノレン酸
リノレン酸の仲間。リノレン酸にはα,β,γがあり、これらは発見された順番を表しています。
つまり、γリノレン酸は3番目に発見されたということを意味しています。
アトピーやリウマチの特効薬として期待されています!

ユーグレナについて

ユーグレナはこんな方にお勧め

ユーグレナサプリの選び方

59種類の栄養素って?

ランキング1位「ハイユーグレナ」

楽天ランキングはこちら!