ユーグレナの59種類の栄養素
野菜に含まれるビタミン類が14種類も含まれている!

サプリメントはある特定の栄養素を、集中的に補うという目的で利用するのが一般的。
しかしユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントは、59種類もの栄養素が
バランス良く自然な形で、しかも吸収効率が良い状態で含まれています。
これは、他のサプリメントには期待できないことで、とてもすごいことなのです!

野菜に含まれるビタミン類が14種類

●α-カロテン
αカロテンはβカロテンの10倍ともいわれる優れた抗酸化作用を持ちます。
皮膚や目、肝臓などの組織や粘膜を活性酸素から守り、ガン抑制効果が期待されています。
●β-カロテン
強力な抗酸化力を持ち、体内では必要量に応じてビタミンAに変換され、効果を発揮します。
人体の粘膜や皮膚、免疫機能を正常に保ったり、視力を維持するために必要不可欠な成分です。
●ビタミンB1(チアミン、サイアミン)
疲労回復のビタミン。炭水化物 (糖質)の代謝を促すため、白米主食の日本人にとって必要な栄養素。
また、エネルギーをつくる手助けをすることで、神経や筋肉の機能を正常に保つ効果があります。
●ビタミンB2(リボフラビン)
脂肪を燃焼させ、エネルギー代謝や細胞の新陳代謝を促進し、健康な皮膚や髪、爪をつくるなど、発育や美容に関わるビタミンです。
●ビタミンB6(ピリドキシン)
たんぱく質の分解・合成を助け、皮膚や粘膜の健康維持に働きます。精神状態の安定に役立ちます。
ホルモンのバランスを整える働きもあり、女性の味方となるビタミンです。
●ビタミンB12(コバラミン)
ミネラルの一種のコバルトを含む。悪性貧血の予防や神経の働きに不可欠な栄養素で。
DNAやたんぱく質の合成の調節や補酵素として様々な代謝に関わっています。
●ビタミンC(アスコルビン酸)
皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
シミを予防する美容効果や、免疫力を高める効果、抗ストレス効果など、様々な働きをもちます。
体内でつくることができないので積極的に摂取したいビタミンです。
●ビタミンD(カルシフェロール)
カルシウムの吸収を高め骨や歯を丈夫にします。血液中のカルシウム濃度を一定に保つ役割も担い、丈夫な体づくりには欠かせない栄養素。紫外線を浴びることによって体内で合成することができる唯一のビタミンで、太陽のビタミンとも。
●ビタミンE(トコフェロール、トコトリエノール)
強い抗酸化作用を持ち、様々な害を与える活性酸素から体を守ります。血管や肌・細胞などの老化を防止し、血行を促進するなど生活習慣病の予防に効果があり、若返りのビタミンとも呼ばれています。
●ビタミンK1(フィロキノン)
血液の凝固に関わり、出血を止める働きで「止血のビタミン」とも呼ばれています。
骨の健康にも深く関わるビタミンとしても注目されています。
●ナイアシン(ビタミンB群のひとつ)
エネルギーを作り出すときや、るアルコールを分解するときに働く「酵素」を助ける「補酵素」。
皮膚や粘膜の健康維持を助けるほか、脳神経を正常に働かせる効果があります。
●パントテン酸(ビタミンB群のひとつ)
エネルギー代謝を助け、抗ストレス効果や、動脈硬化予防効果、肌と髪の健康を保つ効果もあります。
●ビオチン(ビタミンB群のひとつ)
皮膚や髪の毛を健康に保ち、アトピー性皮膚炎を改善する効果、筋肉痛を和らげたりする効果も。
糖質、脂質、たんぱく質の代謝の過程で、酵素の働きを助ける補酵素としての役割も担っています。
●葉酸(プテロイルモノグルタミン酸、ビタミンB9、ビタミンM)
ビタミンB12とともに赤血球の形成を助ける栄養素。造血のビタミンとも呼ばれます。
また、胎児の正常な発育に寄与する栄養素としても重要なため、特に妊娠初期の女性に必要です。

ユーグレナについて

ユーグレナはこんな方にお勧め

ユーグレナサプリの選び方

59種類の栄養素って?

ランキング1位「ハイユーグレナ」

楽天ランキングはこちら!